借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか?

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME

小規模個人再生案 債権者が反対は失敗する

小規模個人再生は再生計画案を債権者の書面決議にかけられます。 住宅ローン以外の債権者数の半分以上または一般債務額の過半数の債権者から反対があった場合は否決になってしまいます。 小規模個人再生の書面決議における各金融業者の対応は,消費者金融,信販系,銀行など大半の金融業者などは,法律上の最低弁済額さえクリアできていればまず反対してきません。 これに対し,信用保証協会は個人再生という制度自体に反対し...【つづきを読む】

債務整理の弁護士費用は結構高額

借金整理にかかる、弁護士費用内訳の一例です。ここでご紹介する金額は、ほんの一例です。 これよりも、小額で受任してくれる所もあります。少し高めのケースですが、参考になれば幸いです。 個人的感覚ですが、下記例は、調べた限りの平均では3割ほど高いような気がしますが‥   初回相談料 弁護士との面談30分あたり5,250円   介入通知発送代 債権者数×735円 【任意整理】 着手金 原則として,業者...【つづきを読む】

そろそろ時効かな?過払い請求

借金過払い金請求そろそろ時効を迎えるのかな? 過払い金請求の条件の一つに、最後の返済から10年以内とあります。 貸し金業法で違法と認められた部分は返済請求できます。 借金のグレーゾーン金利の判例が出てから貸し金業は法定金利に下げてきました。 金利を下げ始めたのはほぼ7年前です。その後は過払いにならないわけですから、あと3年しかないわけですが、 7年前に借りたものは多分(多くの貸し金業)金利を下げた...【つづきを読む】

商工ローンとの直談判、成功?失敗?これって任意整理?

ローン会社の受け付で案内されたのは、こじんまりとした応接室、しばらくすると、回収課の課長と名乗る人物が現れた、その応対は、想像していたものとは違う淡々としたものだったが、かなり厳しい口調、 「ところで、返済に向けてどうお考えですか?」 お考えも何もない、とにかく連帯保証人になったのは、30万円で根保証のことは知らなかった、半ばだまされたみたいだと、主張、「主債務者のAを探してください」と言っても通...【つづきを読む】

自己破産手続きの流れ 4 自己破産手続 開始の決定

  申立人が支払不能の状態にあると判断した場合,裁判所は申立人に対し破産手続開始の決定をします。 同時廃止事件の場合破産手続はそれだけで終わりですが,管財事件になる場合には裁判所が破産管財人を選任し,その後申立人と管財人の面接が行われ,破産管財人による財産の処分や免責調査の仕事が始まることになります。 申立人は,破産管財人の調査等に協力する義務があり,特に免責不許可事由がある場合には,管財人...【つづきを読む】

債務を整理、無料相談を利用するのもいい

借金等の債務整理を考えたとき、無料相談を使うと、早く解決するときがあります。債務整理の無料相談をするときのコツは、債務整理の専門家(弁護士、司法書士)を選ぶ。 弁護士、司法書士の中でも債務整理を専門とする人を選びましょう。 ここを間違うと、解決どころか最悪自己破産に持ち込まれてしまう危険があります 債務整理無料相談をするときのコツ せっかく専門家に頼んでも債務整理を得意とする弁護士、司法書士にお願い...【つづきを読む】

カード、ローンの現金化色々あるんだぞ。 

  クレジットカードのショッピング枠の現金化や、ローンを組んでの差額を現金化する。仕組みは色々あります。クレジットカードのショッピング枠を現金化は、貸し金業法違反ではないかとの見解も出ました。 でも摘発を受けたのは一部の業者でその後あまり摘発を受けたと聞きません。 さてこれが違法か?合法か?はとにかく、現金化の方法は色々あります。 カードのショッピング枠を使うには、商品の購入やサービスの利用代...【つづきを読む】

連帯保証人が自己破産した場合

連帯保証人になったばかりに債務を負ってしまった話は良く聞きますが、では逆の場合はどうでしょう? Aサンの住宅ローンの連帯保証人になっているが自己破産しなければならない。 Aさんには迷惑がかからないの? 実際連帯保証人は、Aさんが、住宅ローンを支払えない場合その債務の返済の責任を負う法律です。 ですから連帯保証人が自己破産しても、Aさんは住宅ローンの一括返済などの請求は受けないのが通常です。 しかし民法...【つづきを読む】

借金返済契約書、公正証書は、差し押さえには、強力

借金返済契約書、公正証書の持つ意味 弁護士などに、債務整理を委託した場合、公正証書を取られている可能性はありますか?と聞かれる場合があります。果たして公正証書とはいったい何者でしょう。 商工ローンなど、の金融業者は、借金の契約時に本人はもちろん、連帯保証人などに、印鑑証明の提出を求め、公正証書の作成をしても良いという委任状を取ることが在ります。 借金をした本人や、連帯保証人が、借金を返済できないとき...【つづきを読む】

不実の告知でなった連帯保証人は、無効取り消しを訴えるべき。

消費者契約法は、連帯保証契約にも適用されます。 連帯保証人には大抵債務者に頼まれてなることが多いと思います。 このとき、債務者が不実の告知により、真実と誤信して連帯保証人になった場合、連帯保証人は誤信に気付いた後に連帯保証契約を取消すことが出来る場合 があります。 債務者が銀行その他債権者から連帯保証契約締結の媒介を委託されていた場合、債務者は消費者契約法第5条の受託者等に当たることになり、債務者の...【つづきを読む】




借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析