借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

債務整理の対象となる債務とは借金だけではありません

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 借金返済する為に知っておきたい基礎知識 > 債務整理の対象となる債務とは借金だけではありません

債務整理の対象となる債務とは借金だけではありません

 ふきOR 任意整理の場合には,特定の債務のみを整理の対象とすることも可能ですが,自己破産個人再生の場合には,法律上すべての債権者を平等に取り扱わなければならないため,都合により整理したくない債務も整理の対象とせざるを得ない場合があることに注意する必要があります。

ふきB 債務整理の対象になるのは,借金だけでは、ありません。実際に債務整理の対象になる 債務 とは,原則として「法律上金銭で支払う義務のある金額(金銭債務)」すべてで、借金と呼ばれるものだけではありません。

ふきGR 債務整理の対象になるのは金融業者からの借入金だけではなく,割賦で購入した商品残代金(車のローンなど)

カードを利用したショッピングの残代金なども含まれます。

自営業を営んでいる場合の取引先に対する買掛金,建前上は,親族や知人等からお金を借りた場合の借入金も含まれます。

他人の債務について保証人や連帯保証人になっている場合には,保証債務も含まれます。

ふきOR 借家の家賃や電話料金など,継続して利用しているサービスの対価は整理の対象にしないのが普通です(注:車のローン等の支払いはこれには該当しません)が,解約して未払いの料金等が残っている場合にはそれも整理の対象になります。



広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析