借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

自己破産、個人再生での問題 連帯保証人がキーワード

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 連帯保証人 > 自己破産、個人再生での問題 連帯保証人がキーワード

自己破産、個人再生での問題 連帯保証人がキーワード

 驚き 自己破産、個人再生で問題になりやすく、重要なののが、連帯保証人というキーワードです。

なぜこの連帯保証人が、重要かと言うと、何度か連帯保証人について書きましたが、連帯保証人は、主債務者(お金を借りた本人)が借金を返せなくなったとき、その連帯保証した借金を連帯保証人が返済しなくてはならないからです。

ふきOR 債権者(お金を貸した業者)は、債務者(お金を借りた人)が、自己破産、個人再生などをを申し立てたとき、また債務者に著しい信用の悪化があった場合、その債務を全額、連帯保証人に請求できる事になっています。

つまり自己破産や個人再生等債務整理をすると、連帯保証人がその借金をすべてかぶるという事になってしまいます。

ふきB 連帯保証人がいる場合は、決して素人考えでは解決しませんので弁護士などの信用の置ける専門家に相談し、連帯保証人にも事実を打ち明け、解決していくほうが良いでしょう。

ico_info1_1.gif 逆の場合、連帯保証人が自己破産したらどうなるのか、基本的には、借金を全額返せの請求はないでしょう。

しかし連帯保証人をつける事があなたに対しての融資の条件であれば、連帯保証人が、その業者の連帯保証人の資格基準から外れれば新たに連帯保証人を立てるよう要求してくるかもしれません。

ただし、連帯保証人が自己破産などしたことを業者が、官報の掲載を見るなどして、知った場合ですが‥‥


広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析