借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

自己破産手続きの流れ2 破産手続開始の申立て 実費は?

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 自己破産手続きの流れ 申し立てから > 自己破産手続きの流れ2 破産手続開始の申立て 実費は?

自己破産手続きの流れ2 破産手続開始の申立て 実費は?

 ふきB 実際に裁判所に自己破産を申し立てるときの裁判所へ支払う実費はいくらくらいでしょうか。

ふきOR 自己破産申立てに必要な実費

自己破産申立てにあたっては,破産申立書に1,500円分の収入印紙(破産申立て分1,000円,免責申立分500円)を貼付する必要があり,その他に官報掲載費用等の予納金,予納郵券などの費用が2万円前後かかります(具体的な金額は,裁判所や同時廃止事件・管財事件の区別によって異なります)。

管財事件になる場合は,別途管財人報酬の予納金も必要になります。予納金の金額は東京地裁の場合20万円,その他の裁判所では20万円~50万円程度です。

なお,東京地裁では,管財人報酬予納金を一括で支払えない場合,予納金を最高5万円×4回で分割納付することも認められています。
rainn
債務ホルダ 必要な申立書類 >>債務ホルダ 申立てに必要な実費 >>債務ホルダ 破産審尋等

債務ホルダ 自己破産手続 開始の決定

rainn
かぜ爺
弁護士などに依頼せずに自分自身で、自己破産を申し立てた場合、必要書類の申請料や交通費などを合わせて、管財事件にならなければ、3万円前後で申し立てられる事になります。

弁護士などに依頼すると平均で40万円ほどですから、ん~悩みますね~(-_-;)


広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析