借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

自己破産にあたって問題となるケース

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 自己破産 > 自己破産にあたって問題となるケース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| ▲ページ最上部へ ||

自己破産にあたって問題となるケース

かかってこい借金返済! ふきOR 借り入れの原因がギャンブルや著しい浪費にある人


破産の原因がギャンブルや著しい浪費である場合には,破産法上の「免責不許可事由」に該当し,自己破産しても免責が許可されないことがあります。


自己破産の手続きは,本来破産者の財産を処分して債権者に対し平等に配当し支払えない債務の支払いを免除してもらうものですので、裁判所から「免責許可の決定」を受ける必要があります。

ふきOR いわゆる「換金行為」をやってしまった人

換金行為とは,最初から現金を得る目的で,クレジットカードを使い高額の物品(新幹線のチケットやデジタルカメラなど)を購入し,それをすぐ質屋などで現金に換えてしまうことをいいますが,これは本来カード会社に対する詐欺的行為であり,破産法上の免責不許可事由にも該当するものと解されています。


ふきOR 一定の資格を有している人

弁護士,税理士などのほか,生命保険募集人,損害保険代理店,宅地建物取引主任者など,人の財産を扱う公的資格は,自己破産すると法律上の欠格事由に該当してしまい,破産手続中その資格が必要な仕事をすることはできなくなり,また法律上警備員の仕事にも就けなくなります(会社役員については,会社法の施行後は法律上の欠格事由ではなくなります)。

ふきOR 手放したくない高額な財産を持っている人

破産手続では,基本的に時価20万円を超える財産が換価の対象になります。通常の家財道具であればこれに該当することはまずありません

ふきOR 過去に自己破産等をしている人

過去7年以内に破産して免責を受けている人は,破産法上の免責不許可事由に該当するほか,7年以上経過していても再度の免責については慎重に判断されます。
 なお,自己破産のほか,過去7年以内に給与所得者等再生の認可を受けた人(再生計画を履行した場合に限る)や,個人再生をしてハードシップ免責を受けた場合も同様に免責不許可事由に該当します




広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析