借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

住宅ローン二重住宅ローン問題

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> matome tyu > 住宅ローン二重住宅ローン問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| ▲ページ最上部へ ||

住宅ローン二重住宅ローン問題

住宅ローン、二重住宅ローン問題

東日本大震災を被災された方には謹んでお見舞いを申し上げます。
今問題になっている、被災して住宅ローンがまだ残っているのに、家を失ってしまった方たちです。ひどい人になると、新築の家に一日しか住んでいないのに、住宅を失ってしまった家族もいるそうです。
 
残ったのは、ほぼ全額の住宅ローン、失った家に対して、住宅ローンを支払っていかなければならない過酷な、借金人生になってしまいました。

二重住宅ローン
 

毎月11万円近く、35年支払っていかなくてはならない、とても想像のつかないことです。新しく家を建てるにしても新たに同じくらいの、住宅ローンを組まなければならず、もとのローンとあわせると、22万円近くの支払いになってしまい、とても支払える金額ではありません。
 
地震保険も、期待できない金額ですし。
 
銀行協会もこの問題を重要視、政府も救済案を模索しているようです。
 
しかし現実的にどうなのでしょうか?救済するにあたって、ほかに災害で住宅ローンを二重支払っている人に対しての、不公平感と言う、感情論を抜きにして、考えてみましょう。
 
自己破産をしなくても、住宅ローンを免責することのできる、立法を考えているようです。

実際これが一番単純で、いいのかもしれませんが、これを認めると、銀行の不良債権が同時期に増える恐れがあり、銀行の経営を脅かす結果になるのではないか、金融危機を招いてしまうかもしれません。損金で扱うには、金額が大きいようです誰かがこの借金を補わなくてはなりません。
 
最終的には国が肩代わりすると言うことになります、
 
実質金利ゼロにして返済を猶予する案も幾ら金利をゼロにしても、借入残高3000万円とすると年間100万円を返済(月9万円弱)を30年支払わなくてはならず、現実的ではありません。
 
年収400万円代のサラリーマンではとても返せる金額ではありません。どうすればよいのでしょう。
 
その土地に、住宅を建て直すことができるのであれば、国が建て直し費用を格安でバックアップして、無利子で貸し出す、それを住宅ローンと平行して支払っていく、もし将来支払いに行き詰まってしまった場合、住宅ローン特別条項付、小規模個人再生を利用して免責する案はどうでしょうか?いくらか時間稼ぎができるかも知れません。
 
いずれにしても、早い対策を打ち出して少しでも、被災された方々の精神的負担をなくしてあげることが重要だと思います



広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析