借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金、お金を借りる側、お金を貸す側 借金の原点 審査 その②

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > matome tyu > 借金、お金を借りる側、お金を貸す側 借金の原点 審査 その②

借金、お金を借りる側、お金を貸す側 借金の原点 審査 その②

借金、借金の原点 審査 その②
 
あなたが借金を返済することができる収入があることがわかりました。ここからが審査になります、先ず本人がその身分証明書に記載されているところに、住んでいるかの確認、小額な金額であれば公的証明書だけでほとんどOKです。

次に所得がサラリーマンであれば、職場に本人が本当に働いているのか電話などで、確認します。即日融資などの小額な借金であればほとんどこの作業だけで、お金を貸してくれると思います。

クレジット
 
お金をはじめて借りたり、一度もローンやクレジットでものを購入したことのない人は、少し手間取るかもしれません、貸金業者は信用情報機関などを使ってあなたが過去に支払いに関する事故がないかをチェックするためです。
 
過去にクレジットやキャッシング、ローンなど取引履歴のない人はゆう霊のような扱いで
キャッシングなどは、断られる場合もあります。
 
話が前後しますが、お金を借りる、キャッシングをするにはある程度、ローンやクレジットで買い物をして実績を作ったほうが、貸す側も借りる側の人間の性格をつかみやすく、この人は月々の支払を遅れることがなく支払える人だと判断できるからです。
 
ローンで物を買うのは、キャッシングで現金を借りるより比較的審査に通りやすいためです。
 
キャッシング限度枠は、実績であがっていく、5万円を確実に返済できる人は10万円も返済できる人、100万円を返済できない人は5万円も返済できないということです、用は、借金に対して返済しようとする性格を見ているんです。
 
住宅ローンなどは、以外にも審査基準の重要性の一つに年齢をあげています。住宅ローンは返済期間が一般的に長期にわたるため、借金完済まで耐えうる年齢か、も審査基準になります。一応住宅ローンの場合、借金完済まで35年以内、年齢80歳までとされていますが、果たして80歳まで働きつづけられるか?疑問になってきます。
 
この場合、最高年齢の住宅ローンを組む場合はやはり、貸す側は借りる側の職場の信用性や、定年退職金の有無も視野に入れてくるでしょう。
 
一番重要な、収入の面の信用性が融資金額を決定していきます。
 
融資審査まとめ
 
①、一定の決まった収入があること。
②、過去に返済の実績があり事故歴がないこと
③、税金などの公共料金をきちんと支払っていること
④、借金返済までの年齢があまり高齢にならないこと
⑤、収入先サラリーマンであれば、会社の信用性
⑥、信用保証会社の保証をうけられること(信用保証会社とはを参照)
⑦、性格が借金をきちんと返せるか
 
いろいろありますが、借金の金額が高額になればその審査は、厳しいものになっていきます。
 
貸金業者によって、その審査基準はさまざまで、一般に金利が安いほど審査は厳しいものとなります。
 
近年施工された総量規制は、銀行系貸し金業ではない、比較的審査の甘いサラ金などから借金をする場合、サラ金系の借金の合計が年収の30%以内であることが条件になってきます。
 
この年収の30%以内というのは、年間返済金の合計が年収の30%を超えると生活費に負担を掛けてくるといわれています。つまり借金の返済が苦しくなってくるわけです。



広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析