借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金、お金を借りる側、お金を貸す側 借金の原点 審査 その①

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > matome tyu > 借金、お金を借りる側、お金を貸す側 借金の原点 審査 その①

借金、お金を借りる側、お金を貸す側 借金の原点 審査 その①

借金、 借金の原点 審査 その①

借金をするには、貸金業(ローン会社、銀行)などからお金を借りなくてはなりません。この時に、○○円借りて、それを何時までにどのように借金を返すか?を取り決めるのが金銭貸借契約です。
 
連帯保証人


そもそも貸金業者はお金を借りてもらう顧客がいなければ商売として成り立ちません。ですから、うちは金利が他社より安いですよ、ポイントがつきますよなどの付加価値をつけて、貸金を商品として売りだすわけです。顧客はより金利が安く安全な会社を選んで借金をするわけですね。
 
あなたは10万円が今ほしい、貸金金業者は、10万円借りてほしい、借り手側は10万円借りて、10万円を返すだけなら、これほど良いことは有りません。金利0ですから、これでは貸金業者は商売になりません、そこで金利を取るわけです。
 
借りる側は、何処でも貸してくれるのでお宅は金利が高いからほかで借りますよと貸金業者を、選べるわけです。
 
どこでも借金できる状態であれば、より条件の良い貸金業者を選べ、金利の安い借金ができるわけです。
 
このどこでも借金ができるには、あなたの返済能力がものを言います。この返済能力を調べるのが、貸し金業者の言う審査と呼ばれるものです。
 
貸金業者が1番恐れるのが貸し倒れです。また優良な顧客は、借金の元金を少しずつ返済して永く借りてもらうのが、優良顧客です。
 
借金の審査はあなたにお金を貸しても借金を返済してもらえる人なのかを、調べるわけです。
貸金業者の目からは、あなたに対しての情報はなく赤の他人ですから、先ずあなたがあなたであることを、運転免許証や、公的身分証明書で証明しなくてはなりません。
 
審査の基準はいろいろ有りますが、先ず借金の返済額にあった収入があるか?が基本でしょう。
 
次にその収入の基となる仕事は何年ぐらい続けているのか、金額が少なければ勤続年数1年以上から、住宅ローン等の高額だと10年以上などあります。
あなたが、給料はあるしもう5年も勤めていますよと、幾ら説明しても信じてもらえません。そこで給与明細や所得税納税証明書などによって、証明するわけです。
 
ここまでで一応あなたは借金に対して、借金を返せる収入がある人だと判断するわけです。
借金を返済する能力ではありませんよ、返済できる収入のある人だと言うことです。
 
今日はここまでにしましょう次回はまた
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析