借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金返済の近道【個人再生】

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 個人再生手続きの流れ 申し立て要件 > 借金返済の近道【個人再生】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| ▲ページ最上部へ ||

借金返済の近道【個人再生】

個人再生の返済額は、債務の総額の20%くらいまで減額してもらう

債権額を決めるには、小規模個人再生では、
債務額に応じて減額された金額と、清算価値の総額のどちらか高い方が債権額になります。

債務の総額が、
100万円未満            ⇒債権額と同じ
100万円以上~ 500万円未満   ⇒ 100万円
500万円以上~1500万円未満   ⇒債権額の2割
1500万円以上~3000万円未満   ⇒ 300万円
3000万円以上~5000万円以下   ⇒債権額の1割

の金額か、財産を精算した時の金額のどちらか高いほうです。
一般的に住宅が、一番高い財産になりますが、
住宅の場合、査定額から住宅ローンの残高を引いたものが、
清算価値となりますがほとんどの場合、オーバーローン(住宅ローン残高のほうが、査定額を上まわっています)なので、清算価値は0円となります。

借金の総額が500万円の場合その2割なので、100万円を3年間で返済していくことになります。

ここで注意することは住宅を購入したときに、頭金などをおおく入れて、住宅ローン残高が下回った場合、たとえば
査定額が2700万円、残高が2000万円のときは、債権額はどちらか高いほうなので、この場合、700万円が返済額となってしまいます。

本来ならば債権額の2割の100万円でよいのが700万円を返済しなくてはいけなくなってしまい。小規模個人再生が失敗してしまいます。
失敗してしまうと、あとは破産の道しかなくなるので、特に清算価値との兼ね合いを専門家と相談することです。


広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析