借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

自己破産手続きの流れ 6 免責手続き

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 自己破産手続きの流れ 申し立てから > 自己破産手続きの流れ 6 免責手続き

自己破産手続きの流れ 6 免責手続き

ふきB  免責の許可決定を持って自己破産の手続きは終了して、債務なしの生活が始まります。 ふきGR 免責許可の申立て  免責許可の申立ては,破産手続開始の決定が確定した後1ヶ月以内にする必要がありますが,通常は破産手続開始の申立てと同時に行います。 ふきGR 免責審尋  免責許可の申立てをすると,裁判所が免責を認めるかどうかの決定をするにあたり,申立人を呼んで審尋期日を開きます。 管財事件の場合,免責審尋は債権者集会と併せて行いますが,同時廃止事件の場合は裁判所によって扱いが異なります。 東京地裁や横浜地裁では審尋が行われますが,それ以外の裁判所(特に破産審尋を行っている裁判所)では免責審尋が省略されることもあります。 ふきGR 免責許可の決定  特に問題がなければ,通常免責審尋が行われた後(免責審尋期日がない場合は,債権者の免責に関する意見申述期間経過後)1週間ないし10日程度で,裁判所が免責許可の決定を行います。 ふきGR 免責許可の決定は申立人または代理人の弁護士に通知されるとともに,官報に公告されます。 ふきGR 免責許可の決定が官報に掲載された後,2週間以内に債権者から不服申立(即時抗告)がなければ,免責決定は確定し,これによって債務の支払いを免除されることになります。 rainn  債務ホルダ 必要な申立書類 >債務ホルダ 申立てに必要な実費債務ホルダ 破産審尋等債務ホルダ  自己破産手続 開始の決定債務ホルダ 債権者集会債務ホルダ 免責手続き rainn

広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析