借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

自己破産手続きの流れ 4 自己破産手続 開始の決定

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 自己破産手続きの流れ 申し立てから > 自己破産手続きの流れ 4 自己破産手続 開始の決定

自己破産手続きの流れ 4 自己破産手続 開始の決定

 ふきB 申立人が支払不能の状態にあると判断した場合,裁判所は申立人に対し破産手続開始の決定をします。

ふきOR 同時廃止事件の場合破産手続はそれだけで終わりですが,管財事件になる場合には裁判所が破産管財人を選任し,その後申立人と管財人の面接が行われ,破産管財人による財産の処分や免責調査の仕事が始まることになります。

ふきGR 申立人は,破産管財人の調査等に協力する義務があり,特に免責不許可事由がある場合には,管財人から求められた資料の提出等に素直に応じるなど,調査に積極的に協力したかどうかが裁量免責を認めるにあたり重要な考慮要素とされます。

驚き 同時廃止事件・管財事件を問わず,破産手続開始の決定は官報に掲載されますが,それを見た闇金融などから大量のダイレクトメールが送られてくることが多くなっています。

かぜ爺 管財事件の場合は一旦郵便物が破産管財人に転送されるので,このようなダイレクトメールは管財人が廃棄してしまいますが,同時廃止事件の場合は,くれぐれもこのような勧誘に引っかからないよう注意が必要です。

rainn
債務ホルダ 必要な申立書類 >>債務ホルダ 申立てに必要な実費 >>債務ホルダ 破産審尋等>>

債務ホルダ 自己破産手続 開始の決定 >>

rainn



広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析