借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金の融資の審査には一定の基準がある。意外にも年齢。

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 借金返済する為に知っておきたい基礎知識 > 借金の融資の審査には一定の基準がある。意外にも年齢。

借金の融資の審査には一定の基準がある。意外にも年齢。

金融業者などが個人に融資を行おうとするとき、一定の審査基準があります。いちばん重要なのは意外にも、借り入れ時の年齢を重要視するみたいです。社会に出て間もない収入の安定してない年齢や完済するときにはかなりの高齢になってしまう。などです。

完済年齢が65歳~70歳位までに完済できるかが一つの目安になります。もちろん若ければ問題はありません。

返済の負担額が年収の40%以下であること。大体30%を超えると生活が苦しくなるけいこうにあると統計に出ています。この辺の数字が総量規制にも影響しているのかもしれません。

また会社などの勤続年数は3年以上がひとつの目安で1年以上が最低ラインで100万円以上の収入があることですね。

これを最低でもクリアできなければ、貸すほうもこの人は本当に借金を返せるのか貸す側に疑問が残ります。

後は取引履歴など貸し金業者との付き合いの長さ、たとえば銀行などでは、給与振込みをしてもらって、一度も遅配はなく、電気、ガス、などの公共料金の引き落しが残高不足で引き落とせなっかったなどの事故がない人。

いろいろ人間性を見ています。



広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析