借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

連帯保証人が自己破産した場合

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 連帯保証人 > 連帯保証人が自己破産した場合

連帯保証人が自己破産した場合

連帯保証人になったばかりに債務を負ってしまった話は良く聞きますが、では逆の場合はどうでしょう?

Aサンの住宅ローンの連帯保証人になっているが自己破産しなければならない。

Aさんには迷惑がかからないの?

実際連帯保証人は、Aさんが、住宅ローンを支払えない場合その債務の返済の責任を負う法律です。

ですから連帯保証人が自己破産しても、Aさんは住宅ローンの一括返済などの請求は受けないのが通常です。

しかし民法上銀行は新たな保証人をたてるように請求できる事になります。

そもそも最近ではあまり住宅ローンで連帯保証人を要求される事は少ないと思いますが、連帯保証人を立てるのが住宅ローンを組む条件の一つであれば新たに銀行などから連帯保証人を求められる可能性があります。

新たに連帯保証人を求められても、住宅ローンの連帯保証人なんて、簡単に見つかりませんよね。
見つからなかった場合は銀行との話し合いになると思います。

連帯保証人が自己破産したのを理由に住宅ローンの一括返済を求められる事はあまり聞きません。

まずは専門家に相談するのがいちばん良い方法だと思います。

必ず信頼の置ける専門家に相談してから行動をを起こしましょう思わぬ大きなトラブルになってしまう事もあります。


広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析