借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

ブラックリストは只の取引情報 リスト

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 借金返済する為に知っておきたい基礎知識 > ブラックリストは只の取引情報 リスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| ▲ページ最上部へ ||

ブラックリストは只の取引情報 リスト

ブラックリストといわれるものは法律的には存在しません。この正体は、貸す側のあなたに対しての信用の情報のリストです、

あなたがローンなどの契約をする際に貸す側が、その情報を元に貸し出しをするか、の決定をする判断の材料のひとつです
 
お金を借りたり、住宅ローンを組むときに、この人はお金を貸しても大丈夫だよとする判断の材料です
 
住宅ローンを組んだり、お金を借りるときに、契約書の約款に
信用保証協会の保証を受けられる人である事、これは、信用保証協会があなたの保証人になってくれるというところです。
 
あなたに支払い事故などあった場合はこの保証協会の保証を受けられなくなる可能性があります、可能性というのは、最終的には、協会の基準に照らし合わせて
権限を持つ人が最終的には決定するのが通常です。
 
次に信用情報機関にあなたの信用の情報を登録されます、これは、支払い事故情報など、返済に必要な情報を登録する機関で
支払い事故情報などなどが載ります。これは通常5年間は登録されています。
 
すべて通常と書いてあるのは権限を持つ人のさじ加減ということです、
 
事実、借金の時効寸前まで逃げ回り、ある日一部の信用保証会社に渡った債務を、一括返済し和解した日に、担当者から電話があり、「情報を消しておきますね、ありがとうございました」
の一言で今まで、通らなかったカードも一発審査通過、おまけに、住宅ローンも審査を通過するという事実があります、
 
その人の、情報が一切消えたため、住宅ローンを組むとき、この人は、なにものだ、という質問があったようです
 
ブラックリストとは貸す側の情報リストであり、協会の情報は
5年位で消えるが、各会社のリストには残る、しかし貸すか貸さないかは、各、会社側の采配ひとつです。
 


広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析