借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金返済の基礎知識 自分にあった債務整理

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 借金返済する為に知っておきたい基礎知識 > 借金返済の基礎知識 自分にあった債務整理

借金返済の基礎知識 自分にあった債務整理

借金返済の基礎知識(借金の考え方)

借金をするには、いろいろな理由があると思いますが、債務を負ってしまった場合、それを返済していかなければなりません。

どんな条件で在ろうとも、本人が納得して借りたのだから、借金は返済しろというのが、貸金業者の言い分でしたが、金利を幾ら掛けても良いわけではありません。

最高でも20%以下ということです。(借りた金額の総額で下がります)この金利を超える部分の金利を払っていた場合は、過払い金(貸金業者に支払う必要のない違法なお金)と言われ、貸金業者に返してくれと請求できるお金です。

法律で決まっている利息で借金をして、月々支払いも順調であれば何も借金問題は発生しません。しかし月々の返済額が生活費まで及ぶまで、借金の額が膨らんでしまって返済が困難になってしまった。保証人になって突然借金を背負ってしまった。など生活を圧迫し始めたときに借金問題へ発展していきます。

明らかに違法行為をしている街金業者を除いては、貸金業者は、金利や手数料で経営をしている業者のひとつです。

借金自体は犯罪行為では在りません。「借金を返済できない」のも、はじめから踏み倒すつもりでなければ、犯罪ではないのであまり卑屈になったり、諦めてはいけません、解決できない借金問題はありません。

借金問題に発展した場合の解決方法

借金をこの先、支払っていくことが困難な場合、月々自分に返済能力がどれくらいあるのかを考え借金問題解決を順番に考えていきましょう。

1 おまとめローン等の利用
利子を下げ返済期間を長くして月々の返済額を下げれば借金返済が可能であれば、おまとめローンなどを利用するのもひとつの手ですが、なかなか審査も厳しく、借金問題まで発展している場合、なかなか審査は通らないのが現状です。もし通っても金利が大幅にダウンしたり返済期間が長くならないとメリットは少ないでしょう。あとしっかり返済計画を立て実行できる人でないと、クレジットカードの限度枠が復活しますので、さらなる借金地獄に転げ落ちる危険性があります。

2 貸金業者と直談判
いくつかの業者の支払を負けてもらえば解決できる場合、業者と直談判してもうこれ以上は、支払えない金利を少しまけてもらったり、支払期間を延ばしてもらうなどして、再契約をしたり。将来の利息をなし(ゼロ)にしてもらい。残額を支払う方法もちろん過払いがある場合、正当な利息で計算してもらい多い部分を残債務から引いてもらう任意整理の方法。

3 法律の力を借りて判決で借金を整理する方法
  • 個人再生
小規模個人再生と給与所得者個人再生の二種類がある。要件は多少違うが、住宅ローンなどを別に債務整理できる。債務総額を2割程度まで減額できるので効果は絶大。
  • 自己破産
自分の持つ財産などを処分して債務を0ゼロにして再スタート、働けない職業なども在るがほとんどの人は影響なし人生最大の切り札。特定調停裁判所の判決で和解、業者との話し合いでこじれたら、これ




広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析