借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

信用保証会社は借金返済保険会社

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 借金返済する為に知っておきたい基礎知識 > 信用保証会社は借金返済保険会社

信用保証会社は借金返済保険会社

借金返済 借金をするときに、貸し金業者の融資条件には、融資する際、信用保証会社の保証を受けられる事とあります。

債務者が借金を返せなくなったとき、この信用保証会社があなたに変わって貸し金業者に残債務を代位弁済します。

では代位弁済されたら借金はチャラ?ならいいのですが、債権は信用保証会社に移り、ちゃんと請求されますが、この会社は信用保証料の名目でお金を取って経営をしています。

一種の借金のための損害保険会社みたいなものです。でもここで考えてみてください、損害保険会社は、あなたがもし他人の何かを壊してしまったとき、保険金で弁償してくれますよね。このとき保険会社は保険金で支払ったのだから、支払った賠償代を返してくれとは、言わないですよね。ちゃんと保険料を払っているのだから‥

ここの所がミソなんです、不謹慎かな(-_-;) 最初はこの信用保証会社は正規の金額で請求してきます。

たとえば残債務額プラス遅延損害金、しばらくするとお話し合いになります。いくらなら払えますかと、私は遅延損害金と合わせて250万円近くの借金を、15万円そこそこで和解しました。中にはン百万円の借金を10数万円で和解した。話も聞きます。

誠意と申し訳ない!という気持ちで、逃げずに話し合えば解決しますよ。

でもここで問題なのは、今多重債務者の自己破産や住宅ローン破綻者が増えています。自己破産者や個人再生者が大量に増えていけば、信用保証会社もつぶれてしまいますよね。

ですから自己破産は、いいのですが、小規模個人再生では信用保証会社がこの個人再生制度そのものに反対しているので、債権者の意見聴取で反対を示す傾向にあるので注意が必要です。

信用保証会社とは逆に貸し金業者より和解しやすいかもしれません。場合にもよるのでしょうが。



広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析