借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

かかってこい!借金返済 【連帯保証人】 独自解釈

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 連帯保証人 > かかってこい!借金返済 【連帯保証人】 独自解釈

かかってこい!借金返済 【連帯保証人】 独自解釈

◇【連帯保証人】◇
 
連帯保証人制度に意義を唱える人もいますが、日本では、連帯保証人は、債務者と同じ、返済責任を負う、連帯保証人=債務者です。
 
  • 貸金業者側としては、
主債務者と同じ返済義務を負う連帯保証人を立てることで、債権の回収リスクを低減させます。借金返済を、主債務者、連帯保証人どちらへ請求しても良いことになり、主債務者より返済能力のある、連帯保証人をターゲットとするところも在ります、一般的に、公正証書とセットで契約をすることで、債権の回収に絶大な効力をもちます。
 
  • 連帯保証人側としては、
◇【催告の抗弁権】がない=主債務者、連帯保証人どちらでも好きなほうに請求できます、債権者に主債務者のほうに請求してよとは言えません。

◇【検索の抗弁権】がない=主債務者に財産もあり返済能力もあるのに借金返済を請求されても、文句が言えません。

◇ 【分別の利益】がない=保証人は数名いるのだから4人いれば4人で債務を分けてくれともいえません。
 
法律的には手も足も出ないわけです、さらに公正証書が取られている場合、給与の差し押さえもすぐにできてしまいます。
 
実際にお金をかりた訳ではなく主債務者を保証したものです。債権者と話し合えば債務の減額や利息を減らしての、分割払いに応じてくれるものです。軽はずみに、貸金業者のいいなりになってはいけません。逃げたりせずに誠意を持って話し合いましょう。
ただし借金返済の知識は、インターネットや、借金関連の本などを読むなど、して知識武装してください。
 
連帯債務者と連帯保証人は違いますのでくれぐれもお間違いなく。
 
関連記事 かかってこい!借金返済30年のお話 「二度と連帯保証人にはならないぞ」もよかったらどうぞ。
 
ブラックリストでも連帯保証人になれるの?と問い合わせがありましたが、基本的には、「なれます」。そもそもブラックリストは、法律的には存在しません。ただ融資先の審査で、連帯保証人としてくれるかです。ブラックリストは、自己破産の欠格事由のような、法律的拘束はありません。
 


広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析