借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金取立てでしてはいけない事、されたら110番

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 借金返済する為に知っておきたい基礎知識 > 借金取立てでしてはいけない事、されたら110番

借金取立てでしてはいけない事、されたら110番

最近(結構昔かな (^_^.) )では見かけなくなった行為ですね。
ドアの入り口で、金返せ~の張り紙や、体育会系男子がガンガンドアをノックしている光景。法律で禁止されていますのでこのような事があったら、直ちに110番しましょう。

暴力的な態度や大声をあげる、乱暴な言葉を使う、多人数で押し掛ける、債務者、保証人等の私生活や仕事の平穏を害するような言動を するなど。

また正当な理由なく、午後9時から午前8時まで、不適当な時間帯に、電話で連絡したり、電報を送ったり訪問してはいけない。

時間に関係なく、何度も電話で連絡、若しくは電報を送ったり、訪問してもだめ!

はり紙、落書き、その他、債務者の借入れに関する事実、その他プライバシーに関する事項等をあからさまにすることもだめ。 勤務先を訪問して、債務者、保証人等を困惑させたり、不利益になるようなこともしてはいけません。

その他、債務者、保証人等に対し、次のような行為をしてはならないこと。

① 他の貸金業者からの借入れ又はクレジットカードの使用等により弁済することを要求すること。

② 債務処理に関する権限を弁護士に委任した旨の通知、司法書士法第3条第1項第6号及び第7号に規定する業務(簡裁訴訟代理関係業務)に関する権限を同法第3条第2項に規定する司法書士に委任した旨の通知、又は調停、破産その他裁判手続をとったことの通知を受けた後に、正当な理由なく支払請求をすること。

③ 法律上支払義務のない者に対し、支払請求をしたり、必要以上に取立てへの協力を要求すること。

④ その他正当と認められない方法によって請求をしたり取立てをすること。

② は、弁護士に依頼するるメリットの一つですね。



広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析