借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金返済契約書、公正証書は、差し押さえには、強力

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 借金返済する為に知っておきたい基礎知識 > 借金返済契約書、公正証書は、差し押さえには、強力

借金返済契約書、公正証書は、差し押さえには、強力

  • 借金返済契約書、公正証書の持つ意味
弁護士などに、債務整理を委託した場合、公正証書を取られている可能性はありますか?と聞かれる場合があります。果たして公正証書とはいったい何者でしょう。
商工ローンなど、の金融業者は、借金の契約時に本人はもちろん、連帯保証人などに、印鑑証明の提出を求め、公正証書の作成をしても良いという委任状を取ることが在ります。
借金をした本人や、連帯保証人が、借金を返済できないとき、貸金業者は、財産の差し押さえなどの、法的手段に出て借金を回収しようとします。実際、差し押さえなどは、裁判所から、「財産を差し押さえても良い」と判決をもらわなければなりません。
しかし公正証書を作成されていると、この判決を待たずにすぐに給与などの財産を差し押さえることができる効力をもっています。
公正証書は、法律の専門家である公証人と呼ばれる人が、公証人法、民法、などの法律に従って作成する公文書ですから高い証明力があり裁判を起こして判決を待つことなく強制執行に移ることができます。
 
一般的には、
 
  • 取引先の売掛金など
 
取引先や、取引内容を特定されている場合、実行されます。
 
  • 給料など
 
勤務先などが知られている場合は実行されますが全額ではありません。
 
  • 預金など
 
銀行名と支店名がわかると実行可能です。知られていなくとも、近所の銀行を全部差し押さえるなどの荒業もあります。
 
公正証書を作成されていて財産の差し押さえをされる可能性がある場合、早めに弁護士などの専門家に、相談しましょう。債務整理などを考えている場合は、個人再生、自己破産などの申し立てをする前に差し押さえられる危険性があるため、すぐに弁護士と相談する必要があります。
 



広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析