借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

個人再生手続き前に弁護士法人がつぶれた

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 借金返済弁護士の話 > 個人再生手続き前に弁護士法人がつぶれた

個人再生手続き前に弁護士法人がつぶれた

かぜ爺
弁護士法人もつぶれるんです。前にも少しお話しましたが本当に弁護士法人はつぶれる事があるのです。
今回の場合は、個人再生をお願いしていたのですが、ある日突然、〇〇総合法律事務所の△△弁護士から、法律事務所をやめる事になったので辞任いたします。受任していた個人再生案件はXX弁護士が引き継ぎ受任いたしますのでご安心ください。という内容の手紙が届きました。個人再生をお願いしている最中のことです。
不安ですが、引き継ぐ弁護士がいてくれるので大丈夫だと思っていたのですが、が、です。それから2ヶ月位たとうとしたときに、
弁護士法の規定により、弁護士法人〇〇法律事務所は、解散する事になりました。と通知が来てびっくりしましたこれから先はどうなる?弁護士事務所から送られてきた突然の通知の記事でもありますが、弁護士がいない状態になってしまいます。これは致命的です。

ではなぜ法律事務所が解散になってしまったか。
弁護士法人の社員は弁護士のみで、一人以上の社員で設立できます。
今回の場合の法律事務所には弁護士が2人しかいませんでした、一人は辞めてしまったわけですから残り一人です。これならぎりぎり大丈夫なのですが、この残りの弁護士が懲戒処分をうけて業務停止になってしまいました。

弁護士の懲戒処分を検索 ⇒ 弁護士懲戒検索センター

この法律事務所には弁護士が存在しなくなったわけです。

個人再生手続きの開始もしていないのにどうすればよいか‥とっても怖い目にあいました。
後に紹介してもらった弁護士が債務整理、個人再生を引き続き受任していただいたので助かりましたが、中には引き受けてがなく自己破産するしかない人もいたようです。結構いい経験になりました。弁護士選びも大変です。
広告


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析