借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金返済に困ったら、早めの債務整理を考える

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 借金返済する為に知っておきたい基礎知識 > 借金返済に困ったら、早めの債務整理を考える

借金返済に困ったら、早めの債務整理を考える

債務整理の基礎知識(債務整理の種類)
借金などの債務整理を進めていく上で必要な基礎知識を まとめてみました。いちばんベストな債務整理の方法を選ぶ 参考になれば幸いです。

債務整理とは何か? 多重債務を抱え、自力で返済が困難となった場合、法的手段などを使って 債務を整理することを言います。 個人向けの債務の整理の方法としては、主に<任意整理><個人再生><自己破産>の3つがあります。

どの方法がいちばん良いかは、個人の財産状況や、生活、負債の額や性質によって異なります。

<任意整理>  弁護士が各債権者と個別に交渉し,残債務の支払いに関し和解を成立させます。債権者が金融業者である場合,利息制限法による引き直し後の残元本を3年間程度で分割返済するといった約定で和解を成立させるのが一般的です。

<個人再生> 裁判所に個人再生(正確には「小規模個人再生」または「給与所得者等再生」)の申立てをして,残債務を法律の定める一定額まで減額してもらい,それを3年間(特別な事情がある場合は5年間も可)で分割返済します。

<自己破産> 裁判所に自ら「破産手続開始」及び「免責許可」の申立てをします。時価20万円以上の財産がある場合は換価され債権者に配当されますが,免責が許可されれば残債務の返済は一切免除されます。

任意整理、自己破産については、個人で勉強をして手続きをすることも可能ですが、 個人再生においては、かなり複雑な書類を用意しなくてはならず、裁判所で個人では受け付けてもらえないのが実情です。


債務整理の基礎知識(整理対象の債務とは)

債務整理対象の債務は借金と呼ばれるものだけでは在りません 法律上金銭で支払う義務のある金額すべてです。 金融業者からキャッシングなどで借りた、借入金だけはなく、割賦で購入した商品の代金やカードで購入したショッピングの残代金も、含まれます。

自営業の場合の取引先への買掛金も含まれます。 建前上、親族や知人等からお金を借りた場合の借入金も含まれます。

他人の保証人や連帯保証人になっている場合も、その債務も含まれます (保証債務) アパートなどの借家の家賃、電話料金など継続して利用しているサービスの対価は整理の対象にはならないのが普通です。解約して未払いの料金が残っている場合は対象になります。携帯電話の端末の割賦料金は微妙です。

任意整理の場合特定の債務のみを整理できます。都合で整理したくない債務をはずすことができますが自己破産や個人再生の場合には、法律ですべての債権者を平等に取り扱わなければならないため、すべての債務が対象となります、

住宅ローン特別条項付個人再生の場合は、住宅ローンは整理の対象からはずされます。 債務整理するときは、自分の債務が、どこに、どれだけ、どのようにあるか、 確認しておくことが大事です。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析