借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

債務整理を考える理由

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 借金時効を待つより真剣に債務整理その方法 > 債務整理を考える理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| ▲ページ最上部へ ||

債務整理を考える理由

かぜ爺債務(借金)の整理を考えるようになったときは、いつごろか?私が債務整理を考え始めたときは、意外と早かったです。 当時住宅を購入して、住宅ローンを組んだときには、借金はありませんでした。

住宅ローンの審査がとおり、めでたく入居して月日(半年ぐらい)浮かれてましたね。

念願の住宅が手に入った、しかし結構ぎりぎりでの住宅ローンの支払いだったので決して楽な生活状態ではありませんでした。

住宅を購入した時点で、預貯金は、ほとんど住宅購入資金の諸費用で底をつき予備費が無い状態でした。予備費がないと急な出費などのとき、対応できなくなってしまいますよね。

以前はカードローンなるカードは、ネット決済のための、限度額が小額のかーどを持っていただけです。

これだけでやりくりをしていけばよかったのですが‥(やりくりにカードローンを使うのがそもそも間違い、<笑>)当然限度額が足りず、限度額の増額をしました。それも生活費をやりくりしての増額、もともと赤字体質なのですぐに限度額いっぱい、どうしよう?

新しいカードを作るんです。住宅購入をすると、私の場合、以前はクレジットもあやふやだった審査がいとも簡単にカードローンのカードの審査が通ってしまうんです。はい!いいですよ!ぐらい簡単。

ここからが、借金返済地獄の受付でした。

広告
関連記事
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/03/18 15:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析