借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

住宅ローン滞納が始まったら個人再生は難しくなる。

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > 小規模個人再生と給与所得者等再生 > 住宅ローン滞納が始まったら個人再生は難しくなる。

住宅ローン滞納が始まったら個人再生は難しくなる。

かぜ爺 遅延損害金は、住宅ローン残高3000万円で、1日1万円強 個人再生までの債務整理を考える人は、住宅ローンの支払いが困難になっている人が多いでしょう。 この住宅ローン特別条項つき、個人再生は、住宅ローンが滞ると難しくなってきます。 その障害になるのが、遅延損害金の発生によるものです。 住宅ローン特別条項つき個人再生は、債務整理に当たって、住宅ローンを除く債務を、約5分の1まで債権を免除して、その金額を、基本3年で返済しますが、住宅ローンが滞ると、多額の遅延損害金が発生し、再生自体が困難になってしまうからです。 たとえば遅延損害金年14%、住宅ローン残高が3000万円だとすると、その金額は、1日当たり約1.15万円にのぼり、 1ヵ月ではなんと30万円強、3ヶ月で100万円以上の遅延損害金が発生します。 債務整理は決断を早く、専門家に一日でも早く相談することです。 ふきOR  せっかくの債務整理のチャンスを失ってしまい、自己破産という手段をとるしかなく住宅も手放す結果となってしまいます。


広告
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析