借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金総量規制から2年、お金が借りれない現実 収入証明

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 借金苦600万人が夜逃げする日は近い > 借金総量規制から2年、お金が借りれない現実 収入証明

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| ▲ページ最上部へ ||

借金総量規制から2年、お金が借りれない現実 収入証明

かぜ爺 どうですか?総量規制から2年の歳月が過ぎました。家族の食費の不足分をカードで1万円借りてやりくりしていたことが突然できなくなってしまった。ずいぶん困った事でしょう。

そもそもこの法律は、多重債務者を作らないための法律なのですが、どこかおかしい?くさい?気がしてならないんです。遅すぎましたか気がつくのが‥

この一万円を借りなければ生活ができない人たちは何処から借りたのでしょう?まさか1万円のために夜逃げをするわけもない、と考えるのは借金苦を味わった事のない人たちの考えでしょね。

この1万円で、夜逃げをする人もいれば人生終わってしまう人もいる、又闇金などに手を出して破綻の近道をしてしまう人が出てくるのは当然でしょう。

では悪いのは誰?お金を簡単に貸した業者、借金をした本人?この制度を作った国?意見が分かれる所ですね。私の場合は自分自身がこれぐらいなら返せると思って借りた自分が悪いと思います。(私の場合)(-_-;)

なぜお金が借りれなくなったのでしょう?借金の合計が100万円を超えている人は収入証明書を提出しなければいけない。提出しない顧客に対しては、

1、貸付を禁止する
2、貸付の上限枠を削って貸付額を100万円以下にする(複数の貸し金業者から借りている場合はその合計)

貸付額が合計100万円を超えている人は収入証明書を貸付業者に提出しなくてはなりません。

その収入証明書によって年収の3分の1までしか貸し付けてくれません。

業者側からして見ると、とってもメンドクサイ法律です。いちいち顧客情報を確認しなくてはならないわけですから。コストもかかりますし。

用は収入証明書を提出して、年収400万円の人は合計130万円強が貸し付けの限度ですよという事ですね。

実際130万円の借金って返せるのだろうか?‥130万円ぐらい大丈夫だよと思った人、地獄の入り口に立ってますよ!!



広告
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析