借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

借金返済はクレジットカードから始まった。契約約款の怖い用語

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> クレジットカード、ローンの現金化 > 借金返済はクレジットカードから始まった。契約約款の怖い用語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)| ▲ページ最上部へ ||

借金返済はクレジットカードから始まった。契約約款の怖い用語

一番初めに現金以外で買い物をしたのは円伊、やはり簡単に、月賦でものが買えるということ。手持ちの現金以上のものを、お金を貯めて買うのでなく、ものを先に手に入れ、後から少しずつ返済していく、気軽さかな。

当時は、クレジットカードなるものが、あまり一般的ではなかったがここは簡単にカードを作れた、もちろんお店の中のものだけでしたが、品物ごとに書類を書く事もなく、初めに一枚の書類を書くだけでよかった。

確か保証人の欄の記載があったが、勝手に親の名前を書いたが、親がその書類にはんこを押すわけでなく、なんだかとても簡単だったような気がする。これって法律的に有効なのか?

後は店が、決めている限度額まで、これください!感覚でカードで買えた、250CCのオートバイも買った事がある。

この時点だ買い物総額は100万円近かったが、もちろん保証人は親である、月々の支払額がいくらかの心配をするぐらいで、金利がいくらついているのか、などは考えもしなかったし
もちろん約款なんて読んでいない、欲しいものが今月々いくらで手入れたことが、一番の興味、うれしさだった、いつ返済が終わるのかなんて考えもしてなっかた。

こんな生活を若い頃していたが、借金返済が苦しくなってくると、金利というものに興味を持ち始める。本当に借金に対して、なんの知識もなっかったんですよ。

大体初めはこんなものですよね、きっかけは。手軽にカード一枚でものが買えてしまう、その中の借金の返済の約束ごとなんて毎月何日までにいくら支払う。これだけの認識だけしかありませんよね、私だけかな (-_-;)汗

月々返済できていれば、問題はないんですが、このカードには支払えなくなるととっても怖い約束がひそんでいるのです。

少し知識を持っていればこんな事には‥‥!

キーワードは、

|極度額と限度額|保証人と連帯保証人|根保証| 約款にある、怖い用語。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL





借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析