借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか?

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > カテゴリー [自己破産手続きの流れ 申し立てから ]

自己破産手続きの流れ 4 自己破産手続 開始の決定

  申立人が支払不能の状態にあると判断した場合,裁判所は申立人に対し破産手続開始の決定をします。 同時廃止事件の場合破産手続はそれだけで終わりですが,管財事件になる場合には裁判所が破産管財人を選任し,その後申立人と管財人の面接が行われ,破産管財人による財産の処分や免責調査の仕事が始まることになります。 申立人は,破産管財人の調査等に協力する義務があり,特に免責不許可事由がある場合には,管財人...【つづきを読む】

自己破産手続きの流れ 5、 債権者集会

  管財事件の場合,裁判所で通称「債権者集会」と呼ばれる期日が開かれ,破産手続きはその期日をもって終結します。 個人の破産事件の場合,債権者集会は1回で済むことが多いですが,債権者への配当があるなどの理由で期日までに破産管財人の仕事が終わっていない場合には,2回目以降の期日が開かれることもあります。 処分の対象となる財産は,破産管財人により換価・処分され,債権者に対し債権額に応じて平等に配当...【つづきを読む】

自己破産手続きの流れ2 破産手続開始の申立て 実費は?

  実際に裁判所に自己破産を申し立てるときの裁判所へ支払う実費はいくらくらいでしょうか。 自己破産申立てに必要な実費 自己破産申立てにあたっては,破産申立書に1,500円分の収入印紙(破産申立て分1,000円,免責申立分500円)を貼付する必要があり,その他に官報掲載費用等の予納金,予納郵券などの費用が2万円前後かかります(具体的な金額は,裁判所や同時廃止事件・管財事件の区別によって異なりま...【つづきを読む】

自己破産手続きの流れ1 破産手続開始の申立て 書類系

借金整理の方針を自己破産と決めた場合の、破産手続きの流れを説明しましょう。 自己破産は、自分で勉強すれば、弁護士などに頼らず、自分自身で申し立てる事もできます。 まず初めに裁判所に提出する申し立て書類の作成です。 必要な申立書類には, 破産手続開始・免責許可の申立書 > 氏名・生年月日・本籍・住所・連絡先・家族関係・収入・生活状況・借金の時期・借金の総額・使用途・所有している財産などを記入 ...【つづきを読む】

自己破産手続きの流れ 6 免責手続き

  免責の許可決定を持って自己破産の手続きは終了して、債務なしの生活が始まります。 免責許可の申立て  免責許可の申立ては,破産手続開始の決定が確定した後1ヶ月以内にする必要がありますが,通常は破産手続開始の申立てと同時に行います。 免責審尋  免責許可の申立てをすると,裁判所が免責を認めるかどうかの決定をするにあたり,申立人を呼んで審尋期日を開きます。 管財事件の場合,...【つづきを読む】

自己破産手続きの流れ3 破産審尋等の事情聴取

  自己破産破産審尋等  破産手続開始の申立てがあると,裁判所は破産手続開始の決定をするにあたり,債務者から事情を聞くための審尋期日を開きますが,その取り扱いは裁判所によってかなり異なっています。   東京地裁では「即日面接」という制度が採用されており,弁護士を代理人として破産手続開始の申立てをすると,申立当日または申立後数日中に代理人弁護士が裁判官と面接し,その結果によって裁判...【つづきを読む】




借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析