借金返済が苦しくなってきたとき、もう自己破産しかないのか?そんな事はありません。色々な方法がありますよ。自己破産は、借金返済最終兵器です。ブラックリストだったけど住宅ローン通ったよ!住宅売却成功

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか?

スポンサードリンク

かかって来い!!借金返済 自己破産しかないのか? HOME > カテゴリー [借金返済する為に知っておきたい基礎知識 ]

借金返済契約書、公正証書は、差し押さえには、強力

借金返済契約書、公正証書の持つ意味 弁護士などに、債務整理を委託した場合、公正証書を取られている可能性はありますか?と聞かれる場合があります。果たして公正証書とはいったい何者でしょう。 商工ローンなど、の金融業者は、借金の契約時に本人はもちろん、連帯保証人などに、印鑑証明の提出を求め、公正証書の作成をしても良いという委任状を取ることが在ります。 借金をした本人や、連帯保証人が、借金を返済できないとき...【つづきを読む】

質屋の金利は年利109.5%(月利9%、1日当たり0.3%)街金並み

生活費が足りなくなり、質屋さんでお金を借りました。質屋でお金を借りるには質草という草が必要です。草といっても草木の草ではありません。(笑)、時計とかバックなど価値のある品物、これといって財産があるわけでもなく。安物の時計、25000円貸してくれるそうです。 3ヵ月後に利子だけでも入れないと時計は質流れとなり、返却されませんが、25000円を返済しなくても良い事になります。 ではその三ヶ月後の利子は...【つづきを読む】

借金返済銀行引き落し口座は注意が必要

借金整理にあたっては口座引き落としに注意 毎回の借金返済を銀行口座からの引き落としになっているものは、弁護士などが介入通知を発送しても、取立ては止まりますが、銀行口座からの引き落としは止まりません。 口座引き落とし中止の手続きをしない限り、借金返済の引き落としは続きます。いちばんの有効な手段は、口座を空にして対応するのが、1番早い方法です。 給与振込み口座と同じ場合、給与が振り込まれて引き落とし額...【つづきを読む】

債務整理 自己破産 個人再生 任意整理の概要

債務整理の方法、自己破産、個人再生、任意整理の概要をまとめました。 このほかにもまだ、緊急性がなければ過払い請求をして債務の額を減らしたりする事もできます。 任意整理 弁護士が各債権者と個別に交渉し,残債務の支払いに関し和解を成立させます。債権者が金融業者である場合,利息制限法による引き直し後の残元本を概ね3年間程度で分割返済するといった約定で和解を成立させる方法です。 個人でもできる。貸し金業者...【つづきを読む】

信用保証会社は借金返済保険会社

借金をするときに、貸し金業者の融資条件には、融資する際、信用保証会社の保証を受けられる事とあります。 債務者が借金を返せなくなったとき、この信用保証会社があなたに変わって貸し金業者に残債務を代位弁済します。 では代位弁済されたら借金はチャラ?ならいいのですが、債権は信用保証会社に移り、ちゃんと請求されますが、この会社は信用保証料の名目でお金を取って経営をしています。 一種の借金のための損害保険会社...【つづきを読む】

弁護士受任取立ては止るが、一部の債権者に返済はダメ。

  消費者金融などの貸金業者については,貸金業法の規定により,弁護士からの介入通知を受け取った後は正当な理由なく債務者本人に対する取立行為等を行ってはならないこととされてます, 信販会社についても監督官庁の行政指導により同様の取り扱いになっていますので,受任後はこれらの業者に対する返済を止めてしまっても,電話等による督促は来ないのが通常です(ただし,債権者から郵便等による通知が来ることはあります)...【つづきを読む】

貸し金業者との交渉は3年以内の返済が原則

貸金業者との交渉 貸し金業者については,利息制限法による引き直し計算で残債務の元本が確定した後,支払い方法について貸金業者との和解交渉をする必要があります。 和解の基本となる金額は,利息制限法による引き直し後の残元金額で,将来発生する利息や遅延損害金はカットしてもらうのが通常です。 貸金業者が返済を求めて裁判所に訴えを起こしても,裁判所の和解で認めてくれるのは,未収利息と当日までの遅延損害金...【つづきを読む】

スマホ、iPhone4s, ipad2 機種料金は借金か?

スマホやiPhone4s,ipad2、など携帯電話の機種代を分割で買うと債務にあたるのか?実際法律上は、S社の打ち出している料金プランだと、通話料金の割引で実質端末代は0円となっています。 つまりiPhone4s,ipad2など端末機の代金は分割で支払う事なので、債務にあたるでしょう、しかし実際個人再生などでは必要経費、固定電話などの料金と解釈される事が多いようです、解約して割賦代金の請求を受けていれば債務の一部として扱われ...【つづきを読む】

債務整理の対象となる債務とは借金だけではありません

  任意整理の場合には,特定の債務のみを整理の対象とすることも可能ですが,自己破産や個人再生の場合には,法律上すべての債権者を平等に取り扱わなければならないため,都合により整理したくない債務も整理の対象とせざるを得ない場合があることに注意する必要があります。 債務整理の対象になるのは,借金だけでは、ありません。実際に債務整理の対象になる 債務 とは,原則として「法律上金銭で支払う義務のある金額...【つづきを読む】

住宅ローンなどの高額な負債の遅延損害金

借金の返済が滞ってくるときに、発生する遅延損害金、住宅ローンなどの高額な債務の場合、債務整理などの判断が遅れると取り返しのつかない高額な遅延損害金が発生してしまいます。 例えば、遅延損害金念14%ローン残額3000万円の場合。その額は年420万円。 月に換算すれば、 420万円÷12=35万円のお金が、加算されていきます。 借金返済の方針を決めるまでに半年かかれば、なんと220万円もの遅延損害金がかかってしまい、債...【つづきを読む】




借金、債務整理、
借金返済は計画を立てれば簡単

QLOOKアクセス解析